施肥や防除の計画を立てて、履歴も残して活用する

野菜を上手に育てるには、肥料を適切な時期に、適量施すことが大切です。

菜園マスターでは、施肥基準にもとづき、窒素、リン酸、カリの三要素の適量を、元肥(基肥)と追肥ごとに計算して施肥計画を作り、それを実施した時に施肥履歴として管理することができます。

また、害虫や病気を防ぐための防除計画を立て、防除履歴として記録することが出来ます。

<施肥計画>
施肥計画